高齢者から見てどうすれば便利かを相談してから行いましょう

高齢者のためのリフォームは、業者視点のみで行ってはならない

トイレや浴室の環境全体を高齢者の生活という視点から見直すところまでは、考えが及ばなかったのである。老夫婦はトイレや浴室がきれいになったことを喜んでいたので、あえて段差を指摘するのを控え、リフォーム会社からの依頼どおり、手すりの種類や設置場所のアドバイスをするだけにとどめた。もし段差がなければ手すりの本数を減らすことが可能だった。何より、大腿骨骨折によって歩行が不自由になった奥さんにとって、もっと快適なスペースにすることができたのである。

手すりが必要以上に取りつけてある家は案外多い。余分な手すりは一目でわかる。たいてい、タオルや洋服などが掛けられているからだ。東京都のある区が主催する勉強会に講師として呼ばれて行ったことがある。介護保険制度の住宅改修を請け負う住宅改修事業者と、介護保険のプランを立てるケアマネジャーとで、実際に介護保険制度を利用して行われた住宅改修の事例を検証する事例検討会だった。改修事業者のひとりが、浴室内に十本の手すりをつけたという事例を発表した。

それほど広い浴室ではない。早速ケアマネジャーの中から、「十本は多すぎるのでは?」との指摘があった。発表者は、「でも、これくらいは必要だと思います」と言ったものの、言葉が続かず黙り込んだ。そこで私は、どういう動作のために手すりが必要なのか、一本ずつについての解説を求めた。すると、「これは立ち上がる時に要るのでは?」、「これはまたぐ時に要るのでは?」等々、説明がすべて推測のレベルに終始する。どの手すりもちゃんとした根拠に基づいて取りつけられていたわけではなかった。
家の模様替えを実行しようと思い、カウンターチェア 通販で注文しました。これが届いたら早速大改造をして、リラックスできる、落ち着きのある空間を作りたいと考えています。
僕が生活するマンスリーマンション 梅田の近くには新梅田シティというとても特徴的な建物があるんです。この建物、屋上が庭園になっていて、天気がいいと山々が見えたり、素敵なところです。
今までずっと東京で仕事をやっていたのですがこの度、貸事務所 大阪で借りて移転しようと思っています。東京と大阪では勝手が全く違うかもしれませんが、新地開拓ってワクワクしますね。
前の部屋は色々と問題点があり、まとまったお金は用意できないもののとにかく早く引っ越したかったので賃貸 初期費用 分割をしました。分割にしてもらえてよかったです。
それほど詳しく知らなかった引越し 料金イロハを見て、それぞれのサービスで大体どのくらい費用が必要になるのかが理解出来ました。努力次第で安くできるようなので、頑張ろうと思います。


「これでは車いすに乗ったまま、自分で表に出られませんよね」重ねてたずねると、たいてい主婦は口ごもる。「玄関は上がりかまちを持たせないと建物として収まらないって、メーカーの方に言われたんです」建築基準法上、敷地と床高には45センチ以上の高低差を取ることが義務づけられている。仮に玄関を段差なしにするとなると、アプローチ部分の階段やスロープで解消しなければならない。

それにはけっこうな長さ、つまり奥行が必要となる。土地に余裕がない場合、やはりもっとも手っ取り早いのは、上がりかまち部分に段差をつくることなのだ。しかし、少なくともバリアフリー住宅というからには、この建築基準法で定められた45センチの高低差を、上がりかまちで解消するべきではない。

新着情報
2013/10/10 注目情報を更新しました。
2013/10/06 新着記事を更新しました。
2013/10/05 業者のエゴが優先を更新しました。
2013/10/02 保健施設の一室を更新しました。
2013/09/30 改修事業者が想定を更新しました。
2013/09/28 たくさんの手すりを更新しました。
2013/09/27 高齢者のためのリフォームは、業者視点のみで行ってはならないを更新しました。
2013/09/24 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
ワーキングヘーベルハウス・賃貸併用住宅についてホームアドパークアパマンショップ
旭化成の賃貸併用住宅の、品質性能、住まい方のバリエーション、トータルサポートシステムについてのサイト全国の賃貸情報を検索できるサイト。新着物件をメールで知らせたり、目的別で物件検索できるのが特徴。賃貸物件の総合情報サイト。住所、地図、駅、路線、キーワードなど様々な条件で検索することができる。